スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉優子の会見中止事件! 


(再生時間 00:54)

2006年 8月某日、小倉優子とよゐこの濱口優の熱愛が報道されました。その報道後、小倉優子は、「DVD自動レンタル機、アスタラビスタ」のお披露目記者発表会に出席。

現場は、ピリピリムード・・

そして、記者が「熱愛報道」についての質問をすると・・小倉優子の事務所関係者と思われる男性が乱入し、会見は中止に!!

>>動画を見る
スポンサーサイト

[2006/09/05] ニュース/人事 | TB(0) | CM(11)

亀田大毅/プロ第5戦 


(再生時間 04:34)

「亀田3兄弟」の二男、亀田大毅(17=協栄)が、2006年 8月20日、横浜文化体育館でスーパーフライ級の8回戦に出場し、インドネシアフライ級王者のウィド・パエス(27=インドネシア)に、1ラウンド 1分45秒でKO勝ちをし、戦績を5戦全勝(4KO)としました。

「亀田3兄弟」といえば、同年の 8月2日に世界王座を獲得した兄の亀田興毅(19=協栄)の「世界戦の判定騒動」が、TVやWebなどで大変な話題となりました。

※世界戦の判定騒動
世界ボクシング協会(WBA)のライトフライ級王座決定戦が2006年 8月 2日に、横浜アリーナで行われた。同級2位の亀田興毅(19=協栄)が同級1位で元WBAミニマム級暫定王者のフアン・ランダエタ(27=ベネズエラ)を2-1の判定で勝利し、初の世界戦での王座を獲得。しかし、その試合内容は、1ラウンドに亀田興毅がダウンを奪われ、11ラウンドにもランダエダに猛攻を受けるなど、亀田劣勢いう見方が大多数の上での亀田の判定勝利でした。試合後には、「八百長」などの多くの憶測が飛び交い大騒動となりました。

>>動画を見る
[2006/08/30] ニュース/人事 | TB(0) | CM(4)

奈良の騒音おばさん 


(再生時間 05:50)

ラジカセを大音量で音楽を流し、近隣の住民に頭痛や目まい等の傷害を負わせたとして逮捕された、奈良に在住の女性が「騒音おばさん」「引っ越しおばさん」として当時(2005年頃)、大変話題となりました。

>>騒音おばさんのパロディ動画はコチラ


今、見ても衝撃の映像ですね・・。うわぁ~、キッツイわ、コレ(>_<;)

>>動画を見る
[2006/08/23] ニュース/人事 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。